舞台deVR」はすべての舞台芸術家におすすめ!

臨場感のある映像を配信したい「クオリティ重視派」、間引き客席で低下した収益を回復したい「運営安定」、撮影・編集のコストをカットしたい「コスト削減派」、ファンを飽きさせず、新規ファンも獲得したい「ファン重視派」など、全ての舞台芸術家や団体におすすめです。

VR撮影方法

通常の映像では、カメラ1台では臨場感が出せず、複数のカメラを効果的につなぎ合わせる編集技術も必要です。しかし、VRカメラは、最前列の真ん中に1台のカメラを設置するだけなので、主催者でも撮影が可能です。

 詳しくはこちらの記事をご覧ください。


VR編集方法

編集は撮影した動画の前後の不要な部分を切り落とすだけでカンタンです。


VR配信方法

誰でも簡単アップロード価格設定も自由です。チケット収入の大半(※)を主催者側(舞台芸術家)にお支払いします。

※『舞台 de VR』は初期費用はかかりません。配信売上の中から各種手数料を引いてお支払いします。(手数料は売上額や会員数などによって変動します) 


VR機材のレンタル

VR映像を撮影するためのVRカメラ・三脚・全方位マイク・SDカードなど、一式セットでレンタルすることができます。また、出張サポートもありますので、安心してご利用ください。

VRカメラ。2つのレンズで同時に撮影できる特殊なカメラ。両目の視差を再現&立体かつ超広角な視野により、舞台の最前列にいる様な臨場感を創出する。

全方位マイク。スポンジの中にカメラが4つ入っている。
360度音声により、あらゆる方向から音が聞こえてくる臨場感を得られる。

※1 配送料金別途
※2 撮影前日〜撮影翌2日まで。返却は翌日中に発送してください。

※1 交通費別途(都内に限ります)
※2 編集だけ代行するのは映像の長さが60分につき50000円。
※3 技術サポートは、web上のチュートリアル動画やZoomでも指導します(無料)

 


権利関係の手続き方法

舞台で使用する楽曲のJASRACへの手続きは代行し、著作権料もまとめて支払います。ただし楽曲リストの提供をお願いします。

※原作者、脚本家、監督、出演者、衣装・音響、美術スタッフなどの権利関係者に主催者の方が事前に配信の了承を得てください。
※JASRACへの手続き代行はVR配信のものに限ります。
※CD音源などの原盤権の手続きは主催者の責任でお願いします。
※ご不明の点はお問い合わせください。